2006年04月18日

とんかつ一(静岡県下田市)

 伊豆の下田、伊豆急線の終着駅である伊豆急下田駅からすぐのところに「とんかつ一(はじめ)」はあります。テレビやラジオで何回も紹介されています。最近では、元祖でぶやに出ていたそうです。
 この店は、味が特別なわけではありません。もちろん、まずくはありません。しかし、美食ではありません。標準値は行っていると思います。味は、正直言ってその程度です。
 では、なぜテレビが来る程かというと、オヤジの独特なキャラと、お店の雰囲気やシステムにあります。この店には、カウンターとテーブルがあるのですが、まず、テーブルから客が埋まっていきます。一人出来た人も、カウンターの座ろうとはしません。それには深いわけがあるのです。

 ここのおすすめは、ミックス定食(1300円)。初めての人には、ほぼ強制的に親父はこれを出します。一口サイズのヒレカツ4つ、メンチカツ1枚、カニコロッケ1個、鶏のから揚げから揚げ4〜5個と、大盛りキャベツ、ケチャップ味のスパゲティーが大量についてきます。これだけでも相当な量なのです。さらに、ご飯はどんぶりで大盛りです。
 実はこのお店、揚げ物以外は食べ放題。つまり、ご飯、味噌汁、漬物、キャベツ、スパゲティーは食べ放題です。味噌汁は、鍋とおわんが出てきて、セルフサービス。さらに、カレーのルーも食べ放題。つまり、定食を頼めばエンドレスでおかわりできてしまうのです。
 でも、おかわりができるという言い方は、正確には間違いです。食べ終わったどんぶりにはご飯を、さらにはスパゲティーやキャベツや漬物を、オヤジは勝手に乗せていくのです。つまり、半強制おかわりの攻撃を受けることになります。カウンターに座ると、食べ終わるのが大変なのです。だから、みんなテーブルに座って、自分の適量が食べられるように、オヤジから距離をとっているのです。ただでさえ、最初からすごい量なのに。
 先日、数年ぶりにカウンターに座ったのですが、ご飯を大盛りで2杯も食べているのに、「体調悪いの? 大丈夫?」とオヤジは言って、本気で私の体を心配する有様でした。一杯食べる人が本当に好きで、お店をやっているのですね。あの店では、他所では大食のほうだと思われている私でさえ、小食の部類になってしまいます。
 本当に気持ちのいい親父さんと奥さんです。こういう楽しくうれしい気持ちになれるお店は、たとえ既製品のデミグラスソースを使っていても、美味しく感じます。

 伊豆下田を訪れた際は、ぜひ行ってみてください。面白いですよ。
 ブタの顔の看板が目印です。

葉ちゃんの味(小田原市)

 5件目は、小田原の中華料理店。
 場所は、国道一号線の新宿交差点を、新玉小学校方面に入ってすぐのところです。
 見た目は、場末のラーメン店。何の変哲もないお店です。本格的な中華料理は期待できない外観です。
 私がこの店を発見したのは、約2年前。付近を散歩中、日本では、めったにしてこないはずの香りがしてくるのです。中華料理で使う五香粉や豆鼓の香りがしてくるのです。それに、紹興酒を熱した中華なべに入れたときに立ち上る香りがかすかにしてきました。とてもかすかな香りでしたので、発生源を特定するのは苦労しましたが、路地横の換気扇から発している香りだということに気づきました。その発生源のお店が、「葉ちゃの味」なのです。私は、匂いにつられて迷わずにはいりました。

 店内は、場末のラーメン屋風ですので、カウンター12席。しかし、メニューは、本格的です。
 エビマヨネーズ、蝦雲呑、おこげをはじめ、中華の定番がそろっていて、しかも全品安い。おこげなんて、1000円程度なんです。チャーハンも、完璧な出来で630円。生猛麺(サンマーメン)もあります。少し変わった麺やあんかけチャーハンも充実しています。
 さらに、本日のおすすめがホワイトボードにあり、香港風の蒸魚(清蒸)も出てきます。金目鯛やホウボウ、とびうお、カクアジ、いさきの蒸し物は、ご飯のおかずでもお酒のお供でも最高です。
 また、秋には、上海蟹が楽しめます。1匹1800円で、蒸し蟹が食べられます。神奈川県内でも、もっとも安いのではないでしょうか。

 店の主人の葉さんは、香港の出身で、幼少期よりコックの道に入った方です。10年以上前、某高級店の総料理長として小田原に来て、それ以来小田原が大好きで、人々と触れ合いながらこの地で暮らしたいということで、お店を出されました。前の高級店のときには、同じ五目焼きそばが1000円しましたが、今のお店では、630円で出されています。少しでも安く、庶民的なお店のほうが性に合うようです。とは言え、高級料理店の総料理長までされていた方ですから、料理の腕は本当にすごいです。香港風の庶民的な料理と、思い切り高級な料理が一緒に出てくるところが、このお店の魅力の一つです。カマンベールチーズソースの海鮮おこげなどのいわゆるヌーベルシノワ風の料理も作りますし、オコゼもスッポンも料理します。その料理の直後、香港の街中のお粥屋で出てきそうな焼そば(炒麺)を作ります。
 ラーメン屋のようなカウンターですので、目の前で一流料理人の技を目に出来るのも、うれしいです。

 奥様の周さんは、日本語が堪能で、接客をなさっています。葉さんよりも相当のお上手で、意思の疎通で困ることは100%ありません。

 今、小田原、いや、神奈川県内で最も面白い中国料理屋ではないでしょうか。
 お酒の種類が少ないのが残念ですが、足を運ぶ価値はありです。
posted by chen at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

磯辺(静岡県賀茂郡東伊豆町)

 4件目は、伊豆の地魚料理屋さん。

 よく観光地で見る「地魚の○○」ってのは、実はあまり好きではありません。理由はいくつかあります。
 まず、本当に地魚でやっている店なんて少ないことが挙げられます。伊豆で地魚丼を出している店で、甘エビ、メバチマグロなんて出しているとしたら、これはおかしな話です。甘エビはあの辺りでは採れないし、マグロ類は、たまにメジがあがることはあっても、本マグロやメバチがあがることは、極めてまれなのです。でも、マグロやホタテ、甘エビのせて「地魚たっぷり海鮮丼」なんてメニューを出している店もあるんです。うそつきです。
 もう一つの理由は、地魚を謳い文句にしたところは、料理の技量が稚拙なことがある点です。もちろん、その地域に伝わるシンプルな料理法があると思いますが、昔から伝わっている食べ物はとても美味しいです。伊豆方面に、まご茶(または、まご茶漬)と呼ばれる漁師料理があります。これは、鯵のたたき(伊豆の漁師町の(小)鯵のたたきは、本当に骨ごと包丁でたたくんです。)を熱いご飯の上に乗せ、上からお湯をかけ、醤油で味付けをするものです。シンプルだけど、うまいんです。こういうものはありです。しかし、料理技術がないにもかかわらず、真似事で、適当な創作料理や適当なメニューを金儲け一筋でやっている観光客向けの店も数多くあります。そういう店が、伊豆には残念ながら多数あるのです。伊豆とは限らず、全国にあります。
 それらの理由から、磯料理とか、地魚という言葉はあまり信頼していません。

 でも、悪い店ばかりではありません。地元の人や魚好きが通う店があるのです。そういう店が、伊豆にも何件かはあります。
 その中から今日は1件紹介します。

 国道135号線を下田方面に走り、伊豆熱川を越え、白田を超え、稲取に向かう途中に、友路トンネルがあります。そのトンネルの手前の左側に、「磯辺」というお店があります。この店、外見はかなり古い店に見えるかもしれません。
 しかし、料理のほうは、なかなか満足感のあるものが出てきます。
 まず、白身などの刺身は、すべて天然物。稲取などで上がった新鮮な魚介類の食べごろを逃さず調理しています。それもそのはず、奥さんも稲取の街中出身。地元には漁師の友人もたくさんいるのです。
 おすすめの料理は、5000円の定食です。結構値段はしますが、料理が出てくると、きっと、安いとさえ思うはずです。伊勢海老の味噌汁、サザエのつぼやき、そのほかの料理数点とたっぷりのお刺身が出てきて、すごい食べ応えです。つぼ焼きは、2つ出てくる日もあります。
 また、いくら丼、うに丼のことは言及しなくてはなりません。いずれも2000円はしないのですが、いくら、うにがたくさんのっています。もちろん、いくらやうには伊豆では取れませんので、仕入れたものですが、質も上場。そのたっぷりのいくら、うにの下には、天然物の地魚の刺身が大量にのっていて、これがまた美味なのです。その下にご飯が入っています。丼は、大盛りにすると迫力が増し、お得感があります。

 最近では、稲取周辺では、観光客に徳造丸系のお店が人気がありますが、地元の人は、法事で使うくらいで、普段美味しい魚を食べたいときには、磯辺に行っていることが多いのですよ。

 場所も分かりやすいので、試してみてください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。