2006年04月18日

葉ちゃんの味(小田原市)

 5件目は、小田原の中華料理店。
 場所は、国道一号線の新宿交差点を、新玉小学校方面に入ってすぐのところです。
 見た目は、場末のラーメン店。何の変哲もないお店です。本格的な中華料理は期待できない外観です。
 私がこの店を発見したのは、約2年前。付近を散歩中、日本では、めったにしてこないはずの香りがしてくるのです。中華料理で使う五香粉や豆鼓の香りがしてくるのです。それに、紹興酒を熱した中華なべに入れたときに立ち上る香りがかすかにしてきました。とてもかすかな香りでしたので、発生源を特定するのは苦労しましたが、路地横の換気扇から発している香りだということに気づきました。その発生源のお店が、「葉ちゃの味」なのです。私は、匂いにつられて迷わずにはいりました。

 店内は、場末のラーメン屋風ですので、カウンター12席。しかし、メニューは、本格的です。
 エビマヨネーズ、蝦雲呑、おこげをはじめ、中華の定番がそろっていて、しかも全品安い。おこげなんて、1000円程度なんです。チャーハンも、完璧な出来で630円。生猛麺(サンマーメン)もあります。少し変わった麺やあんかけチャーハンも充実しています。
 さらに、本日のおすすめがホワイトボードにあり、香港風の蒸魚(清蒸)も出てきます。金目鯛やホウボウ、とびうお、カクアジ、いさきの蒸し物は、ご飯のおかずでもお酒のお供でも最高です。
 また、秋には、上海蟹が楽しめます。1匹1800円で、蒸し蟹が食べられます。神奈川県内でも、もっとも安いのではないでしょうか。

 店の主人の葉さんは、香港の出身で、幼少期よりコックの道に入った方です。10年以上前、某高級店の総料理長として小田原に来て、それ以来小田原が大好きで、人々と触れ合いながらこの地で暮らしたいということで、お店を出されました。前の高級店のときには、同じ五目焼きそばが1000円しましたが、今のお店では、630円で出されています。少しでも安く、庶民的なお店のほうが性に合うようです。とは言え、高級料理店の総料理長までされていた方ですから、料理の腕は本当にすごいです。香港風の庶民的な料理と、思い切り高級な料理が一緒に出てくるところが、このお店の魅力の一つです。カマンベールチーズソースの海鮮おこげなどのいわゆるヌーベルシノワ風の料理も作りますし、オコゼもスッポンも料理します。その料理の直後、香港の街中のお粥屋で出てきそうな焼そば(炒麺)を作ります。
 ラーメン屋のようなカウンターですので、目の前で一流料理人の技を目に出来るのも、うれしいです。

 奥様の周さんは、日本語が堪能で、接客をなさっています。葉さんよりも相当のお上手で、意思の疎通で困ることは100%ありません。

 今、小田原、いや、神奈川県内で最も面白い中国料理屋ではないでしょうか。
 お酒の種類が少ないのが残念ですが、足を運ぶ価値はありです。
posted by chen at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16723193

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。