2006年04月18日

とんかつ一(静岡県下田市)

 伊豆の下田、伊豆急線の終着駅である伊豆急下田駅からすぐのところに「とんかつ一(はじめ)」はあります。テレビやラジオで何回も紹介されています。最近では、元祖でぶやに出ていたそうです。
 この店は、味が特別なわけではありません。もちろん、まずくはありません。しかし、美食ではありません。標準値は行っていると思います。味は、正直言ってその程度です。
 では、なぜテレビが来る程かというと、オヤジの独特なキャラと、お店の雰囲気やシステムにあります。この店には、カウンターとテーブルがあるのですが、まず、テーブルから客が埋まっていきます。一人出来た人も、カウンターの座ろうとはしません。それには深いわけがあるのです。

 ここのおすすめは、ミックス定食(1300円)。初めての人には、ほぼ強制的に親父はこれを出します。一口サイズのヒレカツ4つ、メンチカツ1枚、カニコロッケ1個、鶏のから揚げから揚げ4〜5個と、大盛りキャベツ、ケチャップ味のスパゲティーが大量についてきます。これだけでも相当な量なのです。さらに、ご飯はどんぶりで大盛りです。
 実はこのお店、揚げ物以外は食べ放題。つまり、ご飯、味噌汁、漬物、キャベツ、スパゲティーは食べ放題です。味噌汁は、鍋とおわんが出てきて、セルフサービス。さらに、カレーのルーも食べ放題。つまり、定食を頼めばエンドレスでおかわりできてしまうのです。
 でも、おかわりができるという言い方は、正確には間違いです。食べ終わったどんぶりにはご飯を、さらにはスパゲティーやキャベツや漬物を、オヤジは勝手に乗せていくのです。つまり、半強制おかわりの攻撃を受けることになります。カウンターに座ると、食べ終わるのが大変なのです。だから、みんなテーブルに座って、自分の適量が食べられるように、オヤジから距離をとっているのです。ただでさえ、最初からすごい量なのに。
 先日、数年ぶりにカウンターに座ったのですが、ご飯を大盛りで2杯も食べているのに、「体調悪いの? 大丈夫?」とオヤジは言って、本気で私の体を心配する有様でした。一杯食べる人が本当に好きで、お店をやっているのですね。あの店では、他所では大食のほうだと思われている私でさえ、小食の部類になってしまいます。
 本当に気持ちのいい親父さんと奥さんです。こういう楽しくうれしい気持ちになれるお店は、たとえ既製品のデミグラスソースを使っていても、美味しく感じます。

 伊豆下田を訪れた際は、ぜひ行ってみてください。面白いですよ。
 ブタの顔の看板が目印です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16737146

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。